あけましておめでとうございます(o^―^o)
2017年も、ブログ『フェルトママ』を、
よろしくお願い申し上げます☆


んで。


今回は、小さいパーツの切り方、
角があるパーツ編です(*^ω^*)


題材に使うのはもちろん、
今制作中の、ポット夫人☆


この、『口』をカットしていきます。


まずは、型紙をカット。


舌を外してカットしたので、
こんな感じのカクカク型紙です(`・ω・´)b

ちなみに、唇は刺繍予定。


まずは、型紙をフェルトにオン。

そうそう。
私は、最初に、型紙より少し大きめにフェルトを切り出しています。
それから、型紙通りに切っています。

昔は、大きなフェルトから、
いきなり型紙通りに切ろうとしていたのですが…
それだと、正確に切れないので。


ということで、
このくらいにカットしました。

 そこから、『辺』単位で、
型紙通りに切っていきます。


カット!

で、もう一つのクリップで挟んで、
フェルト&型紙を回転させます。


一発で角度を決めようと思わず、
何度か調整しながら、
切りやすい角度を出します。

よし、次の角度は、コレ。
ということで…

カット!


同じように、もう一つの仮止めクリップを使って、回していきます。


つぎは、こんな感じの角度。

カット!

角があるパーツの場合、
一番鋭い角は、
なるべく最後にカットしています。

そのほうが、
角が綺麗に保たれる気がするので…☆


で、カットしたフェルトを、
口の位置に貼ります。


貼れた!


次に、舌をカットします。

定規の前にあるのが、舌の型紙。
大体、幅1ミリくらいです。


同じように、フェルトに留めて…


切り離します(o^―^o)


で、切りやすい角度に回して…
 

カット!

また、回転させて…

切っていきます(o^―^o)

同じことを、繰り返し。

クリップで挟み切れない細さの場所は、
仕方なく…

 
 
このまま半分だけ、カットします。

で、残りは、別角度から、カット。

微妙に残ってしまったカクカクも、
切り落としました(`・ω・´)b

ピンセットでつまんで…

土台にオン♪


こうなりました(*^ω^*)


顔の刺繍線を、追加。

今日は、ここまで!
次からは、縫い始めだなー(o^―^o)

角のある小さなパーツは、
カット後、角を触らないのは当然として、
カットしたらすぐに土台に貼り付けることも、気をつけています。


で、縫うときは、以前紹介した、
『逆回し』な縫い方で(*^ω^*)

縫い方は、コレ↓


私は、今のところ、
これで角が潰れることもなく、
小さなパーツでも、縫えています(^^)


蓮ママ様のお役に立つ情報が、
少しでもあったなら、良いのですが。


ではでは皆様、
良い新年をお過ごし下さい(o^―^o)



ブログを応援してくださる方☆


それぞれ、ポチしていただけると、
嬉しいです(^^)↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
にほんブログ村 

裁縫・刺繍ランキングへ