先日乾かしておいた、ふくろうの羽。


そろそろ乾いたかなー?
ということで、取り出してみました。


取り出したら、こんな感じ。

綺麗なカーブで、固まった(〃▽〃)

ヨシヨシ…

と思っていたところで、ふと気づく。


両羽、
同じ向きで作っちゃった…!

( ;∀;)



がーん。
左右の羽なのだから、
当然、型紙も片方は裏返しにして使うのに。

なんて、初歩的なミス。

救いようがないオッパカピーぶり٩( ᐛ )و


仕方がないので、
片方は、作り直すことに。。。


作り直すついでに、
もう少し詳しい工程を、
ブログに載せようと思います(`・ω・´)ゞ


最初に、フェルトを2枚カット。

下段の左と真ん中が、
今回作り直しているフェルト2枚です。


フェルト2枚のうち1枚だけ、
カーブを綺麗に出すため、
U字の切り込みを重ねて2コ入れています。


んで。


切り込みを入れなかった方に、
木工用ボンドを塗りたくります!


縫わないフェルトパンのキットを作った経験から、
フェルト用の接着剤より、
木工用ボンドのほうが向いていると思ったので
(あまり速乾だと、型取りに向いていなさそう)、
DAISO購入の、大容量ボンドを使用☆

全面に塗ったくったら、
暖房の風で、接着面を15秒乾かします。


…キットのときは、
ドライヤーだったのだけど、
洗面所まで行くのが面倒だったので代用デス^^;


で、2枚を貼り合わせ。


これで、10分放置します。

ここですぐに型取りをしないのは、
両方のフェルト全体に接着剤を馴染ませるためと、
型取り時、
接着剤で型がベトベトになったりして、
汚れるのを防止するため…だと思う。


10分後、ようやく型取り。

ふくろう型に押し付けて、
ポリ袋を輪ゴムで縛って、密着!


ちなみに、
ふくろうの羽部分ではなく、
頭の位置で型取りしています。


頭のカーブのほうが、
イメージに近かったのです♪


ボツ羽も使っての、
全体イメージはコレ↓

なんとなく、
ふくろうっぽくなってきたかな?



ブログを応援してくださる方☆


それぞれ、ポチしていただけると、
嬉しいです(^^)↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
にほんブログ村 

裁縫・刺繍ランキングへ