今日は、なんと自分が朝起きられなかった…(*´・∀・`*)ゞ
ので、全く進まず。

なので、日ごろ超愛用している、
とあるフェルトをご紹介。



その名は、、



『タランフェルト』。



これね、ホントーーーーに、良いんです!!
でも、ぜんっぜん、売ってないんです>_<

なので、もはや本当に幻のフェルトなんじゃないかと、思っております。

これは、メーカーサイト(サンフェルト)では、
単に0.8mm厚のフェルト、となっているんだけど、
そんなんじゃ、この良さはつたわらーん。


私のiPhone写真技術が拙いので、
ちゃんと伝わるか分かりませんが。。


一番の良いとこ・毛羽立ちが気にならない!

c3a81ca4.jpg


これ、左が普通の黒フェルトで、
右が、タランフェルト。

モワモワーっとフェルト周囲に出る細い糸数の違い、
お分かりでしょうか。

普通のやつも、別に毛羽立ちが酷いやつとかじゃないですよ。

フェルトって、黒だと特に毛羽立ちが気になりませんか?

特に小さいパーツほど、毛羽立ちが千切れて、
他の色に付いてしまったりして、
なんだか作品が汚れた感じになったり…とか。

このタランフェルトだと、
そういったことがぜんぜんないので、
極小パーツを作っても、問題ナシ!


私は、キャラクターの目も、
ほとんどこのタランフェルトで作っています。

こんな感じ↓


もう一つの良いとこ・極薄↓
0e091a3a.jpg


左が普通の1mmフェルト5枚重ね、
右がタランフェルト5枚重ね。

タランフェルトは、
公式には0.8mm厚とのことだけれど、
感覚値としては、半分くらいの薄さ。
今日重ねてみて思ったけど、
実際も、半分くらいな感じ。

もしかしたら、毛羽立ちが無いから、
その分薄く感じられるのかもしれない。

でも、この薄さのおかげで、
さきほどのような2mmの目パーツとかも、
余裕で切れるのです。

これもタランフェルトで作った作品。
足も、フラワーワイヤーをタランフェルトでくるんでます。




そして、薄いけど、向こうが透ける…とかではなく、
白でも透け感はあまりないです(`・∀・´)
安ものの薄いフェルトより、透けません。
これも、作品作りでは、良いところ。


ということで、超ーーーオススメなのですが。

このタランフェルト、ぜんっぜん、売ってない。。
ネットでも、売ってると思いきやリンク切れだったり、腕章の生地紹介だったり。


私は、、サンフェルト本社まで押しかけて買いました^_^;

e5eacb6f.jpg


あ、ちゃんと、本社1階は一般ユーザー向けのお店があるんですよ。
平日の会社がやってる間しか営業してないですが…。

ただ、タランフェルトは店頭には並んでおらず、
社員さんに声かけて出してもらったもの。

しかも、m売りのみだったから、
チマチマ使ってる割には、
ドーンとしたのが家にあります(*´・∀・`*)ゞ


これ、小さいサイズ対応した上で、
ちゃーーんと良さをしっかりアピールすれば、
ネット通販なら、そこそこ売れると思うんだけどなぁ。
少なくとも、私にはもう、欠かせない。


薄い、だけじゃ、全く伝わらない良さ。
(ちなみに、メーカーの人に買ったとき聞いたら、
『これ以上薄いフェルトは無い。もっと薄いと、不織布になる。』とのこと。
確かに、不織布とフェルトの合いの子のような感じ。)


オススメなので、
ネット通販できるとこ見つけた方は、


ぜひ私に、教えてください*(^o^)/*

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
【!】2018/1/2補足!

タランフェルトは、
年代により品質が違うようです。
後続記事を書きましたので、
こちらもご参考までにどうぞ。
タランフェルトの注意点

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

本当に教えてくださいねーといいつつ、
クリックも、お願いします↓↓ !

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
にほんブログ村


手芸・ハンドクラフトランキングへ