フェルトの縫い合わせ方って、
大まかに分けて、2パターンあります。


巻きかがり縫いと、ブランケットステッチ。


どちらかの縫い方をメインにされている方が多いように思うのですが…


さて、フェルトを始めたばかりの方は、
どちらの縫い方のほうが、良いのでしょうか。


まだまだフェルト歴2年ちょいの駆け出しですが、
私なりに、考察してみました!



縫い目の綺麗さ



ブランケットステッチは、縫い目が垂直、
巻きかがりは、縫い目が斜めになります。


縫い目自体は、好みの問題なのですが、、



等間隔に、綺麗に縫える方の場合、
縫い目は、こんな感じになると思います↓



上が、ブランケットステッチ、
下が、巻きかがり。

真ん中は、縫い目の間隔です。


縫い目が等間隔だと、
どちらでも綺麗に見えます。


ところが…


縫い目が等間隔ではない場合、
こんな感じになります↓




同じく、上がブランケットステッチ、
下が、巻きかがり。


縫い目の間隔は2つとも同じなのですが、
なんとなく、巻きかがりのほうが、
不揃い感が出るような気がします。


というのも…


ブランケットステッチは、
縫い目の間隔がバラバラでも、
「全ての縫い目が垂直」という点は、
統一されているのです。


巻きかがりは、
縫い目の間隔がバラバラになると、
「縫い目の斜めの角度」もバラバラになります。


ですので、個人的には、
縫い目が綺麗に見えやすいのは、
ブランケットステッチかなー、と思っています。


縫いやすさ



巻きかがりは、ひたすら同じ方向から、
針を刺して縫い進めていきます。

ブランケットステッチは、同じ方向から針を刺していくのは同じですが、
針を刺すたびに、針に糸をかける必要があります。

「糸をかける」という一手間がかからない分、
巻きかがりのほうが、簡単です(*^^*)

まとめ


手間がかかるが、綺麗に見えやすい、ブランケットステッチ。
カンタンだが、綺麗に見せるためには技術が要る、巻きかがり。


これらの特徴と、
見た目の好みを交えて、
自分の縫い方を選択しても、
良いのかと思います。


私がブランケットステッチをメインにしたのも、
上記を天秤にかけ…


技術が無い分、手間でカバーするべ!!


…という結論に至ったからでした。


綺麗に等間隔に縫えれば、
何の問題も無かったのですけどね。


( ̄^ ̄)ゞ


ブログを応援してくださる方☆


それぞれ、ポチしていただけると、
嬉しいです(^^)↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
にほんブログ村 

裁縫・刺繍ランキングへ