☆フェルトママ☆

フェルトを縫い合わせて作る、ハンドメイド作品の紹介をしています。 キャラクター・オリジナル問わず、自作した型紙を中心に、 娘に向けた作品作りをしています。 2018年4月末から、タティングレースも始めました。 2018年5月からは、新たにハマり始めたタティングレースの記事が増えています。

タティングレース

雪の結晶の本と、20番バージョンの雪

雪の結晶、引き続き編んでおります。


ちなみに、掲載されているのは、この本。
IMG_2631

『タティングレースのアクセサリーとこもの』



図書館から借りてきております(*´・∀・`*)ゞ


で、20番でも編んでみました!

FullSizeRender


アイロンも糊付けもせず、編んだだけの状態。

やはり、太い糸だと、
当然ですが編みやすい!


去年、
クリスマスツリーの電源が壊れて廃棄したので、
今年ツリーを飾るか分かりませんが。


もしツリーを出したら、
これも糊付けしてから、飾ろうと思います

うまくいかない、雪の結晶

先日作っていた、雪の結晶。

IMG_2610 

これ、アクセサリーにしようと思ったので、
ダイソーのノンホールピアス金具(透明)を付けました。


で、耳飾りということは、
もう一つ作りたくなるじゃないですか。


なので、もう一つ作ったんです…が。


IMG_2622

…。


中央リング、連結部分のピコット作りを複数回忘れてしまい、ごまかしきれず…


中央、ぐっちゃぐちゃ!



並べてみたほうが、分かりやすいかもしれない。
IMG_2623

ほーら、右の中央部分が、
無くなっちゃってる…(T . T)


糸は80番を使っているのですが、
80番くらいの細さになると、一目ほどくだけでも、
結び目が小さすぎて大変じゃないですか?

手持ちのかぎ針や手なんかでは到底無理で、
目打ちで時間をかければ、
なんとか解けるかな、、くらい。


なので、1〜2目戻るだけならまだしも、
リング丸々解くのはイヤで、
そのまま押し進めた結果、こうなっちゃった訳です。


もう、80番は失敗しないように、
慎重に編むしかないんですかねぇ…。


最初に作った方の雪の結晶も、
ピコットが大きすぎてイマイチ気に食わないので、
もっと満足いくまで、精進したいものです。



自分ってば、どうしようもない。

ブログを再開したつもりが、
ぜーんぜん、更新してませんね…


というのも、ワタクシ一つ気づいたのです。

ブログを書く習慣が、
頭から抜けている…!!


…と。


手芸はやってるんですよ、ええ。


ホラ、試験明けてから、これだけ編めました!

IMG_2607


ストールのパーツ(なんか大きさ違うけど同じモチーフ3枚)に…
IMG_2608


20番糸で適当に編んだりなんだり…
FullSizeRender


あとは、
80番の細糸で、雪の結晶のアクセサリー作ったり。
IMG_2610


ほーら、いっぱい。


なのに。

それをブログに書き忘れ続けている、という…



しかも、数日前からドラクエウォーク始めちゃったもんだから、ますます時間がなくなり…


はい、すいません。

早く本調子に戻るよう、祈ります…!



手始めに、かるーく、ね。

早速昨日、
久しぶりのタティングレースを編んでみました!

IMG_2556

はい、これだけー。

これは、『いちばんよくわかるタティングレース』より。




『ブリッジの上にリング編みのモチーフ』です!


もう、名前の通り、
ブリッジとリングを使うのだけど。

久しぶりすぎて、
リングからブリッジに変えるとき、
左手にかける糸はどっちだっけ…??

と、基本中の基本を、忘れていました…


でもね、
私十八番のポカミスもやらかさず、
(先日の試験では、しっかりポカミスしたのに…
サラッと編めましたよ!!


まー、復帰作としては上出来だと思います


これからも、少しずつ楽しもう!!



ホビーショーで、伊禮先生に!指導いただいた!

2日目は、ほとんどワークショップだらけの一日でした。

IMG_1092

昨日作ったのは、
こぎん刺し、ルルベちゃん、大人コサージュと、
バレットジャーナルと、タティングレース!

IMG_1093

制作物を見ると、
なんだか色のバランスが取れているようにも思います

んで。


そう、先ほどシレーーッと書きましたが、
私がタティングレースにハマったキッカケになった
オリムパスのタティングレースワークショップ、
今年も行って参りましたー!!


未経験者向けワークショップでしたが、
予約時、受付の方に確認したところ、
『経験者でも、先生が個々に応じてレッスンして下さっています』と仰って下さったので、
予約しちゃいました


私向けには、
なんと伊禮(いれい)先生自らが図案をスラスラと書いて下さいましたよ…!!


完成品と、先生手書き図案との記念撮影。
IMG_1454
(目数が書いてある部分はぼかしました)


手書きとか…

家宝や…!


で、細かいところも、沢山ご指導頂きました!


備忘録
・表目は、手全体ではなく、
 中指だけでやるバージョンが速くてオススメ

・リングを締めた後、締めた芯糸に引っ張られて中央に来るはずのピコットが1時の方向へとズレがち。
随時修正しながら編むと良い

・左右のリング、少し大きさが違うので、必ず毎回見比べて合わせる。

・接続のピコット、もう少し大きめでOK

・編み目がキツいので、もっとフンワリを意識する。

・ピケで糸始末するとき、必ず糸を編み地の上に引っ張ってから糸を切ること。


伊禮先生も、サポートの先生も、
定期的に見回って来て下さいました。

伊禮先生には、
去年のワークショップがキッカケでタティングレース始めた事とかも、話したりなんだり。


良かった、良い時間だった…!!


惜しいのは、娘の学童お迎えタイムがあるので、
最後までいられなかったこと。
でも、とても有意義な時間を過ごせました


良かった…!

良かった!!!



プロフィール

ウノカナ

メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 雪の結晶の本と、20番バージョンの雪
  • 雪の結晶の本と、20番バージョンの雪
  • うまくいかない、雪の結晶
  • うまくいかない、雪の結晶
  • うまくいかない、雪の結晶
  • 自分ってば、どうしようもない。
  • 自分ってば、どうしようもない。
  • 自分ってば、どうしようもない。
  • 自分ってば、どうしようもない。
記事検索
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。