☆フェルトママ☆

フェルトを縫い合わせて作る、ハンドメイド作品の紹介をしています。 キャラクター・オリジナル問わず、自作した型紙を中心に、 娘に向けた作品作りをしています。 2018年4月末から、タティングレースも始めました。 2018年5月からは、新たにハマり始めたタティングレースの記事が増えています。

制作方法ご紹介

速く縫える方法プチ発見☆ブランケットステッチ風

いつも、フェルトを縫っているときに、
多用している「ブランケットステッチ風」。


(ブランケットステッチなのですが、
私の場合は、
糸のかけ方が正式(?)ではなく、
逆回しなので、ブランケットステッチ風、としています。)


少しだけ、速く縫える方法を、発見しました


まずは、いつもの縫い方。
WIN_20160628_06_28_39_Pro

1針刺したら、そこに糸を回しかけています。
(私は、この糸のかけ方が、時計回りなんです。
反時計回りにかけるのが、一般的なブランケットステッチのようです。)

いつも、針を刺す→糸をかける、と
右手で2アクション必要で、
少し時間がかかっていました。


で、今回プチ発見したやり方。

ストップモーションでいきます


ポイントは、左手人差し指です

■ ブランケットステッチ風 速い縫い方


 糸を左手人差し指で、左へ倒します。
WIN_20160628_06_29_21_Pro

 そのまま、左手でフェルトを持ちます。
WIN_20160628_06_30_06_Pro

※糸を、フェルト断面に沿わせるようにします。

 針を刺します。
WIN_20160628_06_30_50_Pro

この写真だと、妙に間隔を開けているように写っていますが、
いつも、私は3mm間隔で縫っています


 そのまま、針を引き抜きます。
WIN_20160628_06_31_02_Pro

 そのまま引っ張ると、わっかの中に糸が入っています。
WIN_20160628_06_35_50_Pro

 最後まで引っ張ると、ブランケットステッチ風の完成です
WIN_20160628_06_36_46_Pro

 次の一針の前に、左手で糸をまた倒します。(以降、頭から繰り返し)
WIN_20160628_06_37_14_Pro


この方法なら、まきかがり縫いのような感覚で、
ブランケットステッチ(風)になるのです。


いやね。


やってみると、なんてことないし、
なんなら、最初からこの方法で縫っているわ!!!

という方も多いような気もするけれど。


私としては、
右手が2アクションから1アクションになったので、
時短になったし、
精神的に、得した気分で、ウキウキなのですよ


ま、そんなこんなで、
亜流ですが…



ご参考になった方が少しでもいたら、
嬉しいこと、この上ないです。


ではでは


ブログを応援してくださる方。



それぞれ、ポチしていただけると、     
嬉しいです(^^)↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
にほんブログ村 

裁縫・刺繍ランキングへ


簡単☆アイスクリームのスタンドの作り方☆

ここらで1つ。

先ほど作って、
ちゃんとそれらしく出来たので、
アイスクリームたて(コーンスタンド…?)の
作り方です(o^―^o)


出来上がりは、こちら☆

image


ミニーちゃんが目立ちますが、
主役は、スタンドです。


いたってシンプルですが、
それっぽい気がして、
なかなか気に入りました。



ということで…


コーンアイスたての作り方☆



用意するものは、こちら!

image



DAISOの工具類コーナーにあった、
アルミワイヤーです。


スチールワイヤーと違って、
簡単に手で折り曲げられます(^-^)


後は、何か円柱形のもの。
私は、コレを使いました。

image


使い古しの除光液ボトルです。


で、作り方はカンタン。

ボトルに、巻きつけるだけ!
image


一周グルリ、
そのあと間を離して、
もう一回グルリ、です。


あとは、ペンチでカットして、
出来上がりー\(^o^)/


はやいなー、ラクチン♪


スタンドだけだと、こう。
image


本当、シンプル(o^―^o)


ま…つくって分かったけど、
ツムツム収納ドールハウスの壁面収納には、
採用しづらいカタチでした^^;


でも、これはこれで、
とてもカンタンかつ、
ちゃんとおままごとに使えそうなので、
ヨシとしよう。



ブログを応援してくださる方☆



それぞれ、ポチしていただけると、
嬉しいです(^^)↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
にほんブログ村 

裁縫・刺繍ランキングへ


ツムツムアイス☆プーさんの作り方と型紙(完)

前回からの、続きです☆

この(↓)完成形になるように、
作っていきます(^-^)/

image


前回、服を縫い付けるところまで、
終わりました。


この服ですが、
真ん中よりも、ちょーっとだけ、
おしり側寄りに縫っています。

このくらい、おしり側寄りです↓
(おしり=写真下側)

で、中に磁石を仕込みたい場合は、
この時点で仕込みます。


※磁石不要な場合は、
しばらく飛ばし読みしてください。


天頂と、底面中央に、
磁石の極に注意して接着剤で貼り…


のちのち、
接着剤が取れても大丈夫なように、
端切れフェルトを重ねて縫っておきます。

表に糸が出ないように、
本体側のフェルトは、
すくうように縫っていきます。

底面側も同様です。


ちなみに、磁石は、私の愛用品、
ダイソーの『超強力マグネット』です☆

で、本体に綿を入れてふっくらさせ、
(まだ縫い閉じません)、
目鼻の位置を考えます。

この置き方ですが…

最初は顔を顔と思わず、
『鼻パーツは、中央やや下だな…
目は、鼻の下辺の延長線に乗る感じかな…
3パーツを線でつなぐと、
随分と横長な三角形になるな…』などと、
ツムツム実物画像の顔を見ながら、
まるで図形問題のように置いていき…

その後に、可愛くなるように、
位置を微修正していったほうが、
うまくいく気がします。

元々絵心がある方や、
オリジナリティを出したい方は、
ぜひ、お好きな配置でどうぞ☆

で、パーツ位置が決まったら、
接着剤で目鼻パーツを仮止めして、
中に入れていた綿を抜いてから、
ぜんぶ、たてまつりで縫い付けます。

あと、眉毛と鼻上の線も、
このときに刺繍しちゃいます(^-^)

刺繍は、黒1本取りで、
バックステッチ(返し縫い的なやつ)で縫っています。

最後に、底面を縫い付けます。

横腹から縫い始め…
 

手の位置に来たら、
耳のときと同じ要領で、挟み込みます。


手足を挟みながら縫っていき、
4分の3周くらい縫ったら、
綿をパンパンに詰めます☆

で、一周縫い終わったら、
最後は、玉留めを中に隠して…


できあがり♪

(〃▽〃) 


いろいろな角度から♪

以前作っていたものと並べると、
こんな感じ↓

前回(左)と、
使うフェルトの色を変えてみたのです。

顔は、今回のほうが、
ちゃんと出来た気がします(`・ω・´)b


んで、型紙です!

こちら↓

・アレンジ等はご自由にどうぞ☆
・完成品の販売NG☆
(ディズニーの許可が必要)

(※5/13追記!型紙を正しいものに差し替えましたm(__)m)

いかがでしたでしょうか。
リクエストくださった、
うさ様のお役に立つことを願って…☆



次の制作も、応援してくださる方!


それぞれ、ポチしていただけると、 
嬉しいです(^^)↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ 
にほんブログ村 
 
裁縫・刺繍ランキングへ     

ツムツムアイス☆プーさんの作り方と型紙(1)

ツムツムアイスの中から、
予告どおり、プーさんの作り方です(o^―^o)

型紙は、作り方を載せ終わったら、
アップしようと思います。


まず、フェルトをカットします。

(この他に、切り忘れていたのですが、
底面フェルトがあります!^^;)


今回使うフェルトは、以下3色です。
・黄色(全体)18センチ角1枚
・赤(服)1.6cm×12cm 1枚
・焦げ茶か黒(目鼻)2cm角1枚

目鼻はとても小さいので、
人によっては、
刺繍したほうがラクかもしれません。

まずは、この位置↓に耳を挟みながら、
縫い合わせていきます。


まず、向かって右端と、
その左隣の2山を縫い合わせます。

 

ブランケットステッチで縫い進め、
耳の位置まで来たら、
耳を挟み込みます。


耳の部分は、巻きかがりで縫うので、
この↓ように、一針目は内側から刺して、
縫い方をシフトします。


耳以降は、
またブランケットステッチに戻って、
テッペンまで縫います。

そしたら、次に、
隣の山と縫い合わせていきます。

先ほどと同じように、
耳を挟みながら縫って、、、


まずは、顔面が完成です♪

おしり面も、縫い合わせていきます。

この写真↓でいうと、
右から左へ、縫っていきます。


ということで、
まずは、こちら側から、
ブランケットステッチ。。↓


テッペンで折り返して、
最後の辺を縫い合わせます…が!

ここで、天頂部分に、
穴が開いていて気になる場合。

最後の辺を2針ほど縫ったくらい
(ちょうど、上の写真くらい)で、
その針と糸を使って、
天頂を十字型に、縫い閉じちゃいます。


ま、、、
この天頂部分は服に隠れるので、
見栄えは気にしないで縫っても、
大丈夫です(`・ω・´)b


そんなこんなで、
おしり側も縫えました♪



次に、服を縫っていきます。

まず、服の両端を、
クリップで本体に留めます。

服のフェルトは長めなので、
両端とも、適当に余らせてください。
(後でカットします。)

クリップがなければ、
マチ針でも、大きく仮縫いでもOK。

で、たてまつりで縫っていきます。


一辺縫い終えたら、
黄色フェルトに長さを合わせて、
服のフェルトをカットします。


で、また縫い付けていきます。
底面はブランケットステッチにしましたが、巻きかがりでも構わないです。


で、このまま一周、
グルリと縫い付けていきます。
(逆サイドの服も、途中で、
長さを合わせてカットします。)

とりあえず、今日はここまで!


続きは次回〜〜(`・ω・´)ゞ


応援してくださる方☆


それぞれ、ポチしていただけると、 
嬉しいです(^^)↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ 
にほんブログ村 
 
裁縫・刺繍ランキングへ     

玉留め・玉結びをしない、ブランケットステッチ☆

昨日完成した、ハンバーガー。

その中で、一つ自己流だけど、ご紹介。


『フェルト1枚に、
ブランケットステッチをするとき、
玉結びとか、玉留めを見せない方法』☆



正確には、

玉留め・玉結びをしない、
縫い始めと縫い終わりの、やり方


かな?


フェルトの補強用に、
フェルト1枚なのだけど、
周囲をブランケットステッチで覆いたいとき。

玉留めとか、玉結びとか、結び目が隠せなくて、
気になる…というときの自己流な解決方法です(^^)


縫い始めは…
9913376f.jpg


こう。

糸端をフェルトの縁に沿わせておき、
2針目~5針目くらいまでの中に、
一緒に縫い込みます(`・∀・´)


糸を変えるときは…
9bde0b29.jpg


こう。

同じく、糸を変えた後の数針の中に、縫い込みます。
なので、糸替えのときは、
縫い終わりの糸・縫い始めの端糸・縫っている糸、
の3種が横に渡っていきます。


最終的に、縫い終わるときは…
b9919942.jpg


こう。

一番最初の縫い目に、糸を通してから、
カットしています。


縫い目の間ではなく、
縫い目ギリギリのところで糸をカットするのが、
ポイントかも。


ただ、そもそも、私のブランケットステッチは、

ブランケットステッチ風


…だから出来ている点もあるかもしれない。

ブランケットステッチ風。
c8b3fe0a.jpg


お分かりでしょうか。

糸のかけ方が、通常とは逆なのです(^^;;

フェルト手芸を始めた当初、
糸のかけ方にまで気が回らず、
この向きで定着してしまい…

しかも、こちらの方が、
一目一目、縫い目がキュッと締まるので、

もう、このままでいっか!


…と、開き直ったのです;^_^A



私と同じブログ村に登録されていて、
ナロ日記』というブログを書かれているブロガー、
ぼんち様も、同じ縫い方とのこと(*^_^*)

(ブランケットステッチ風、という言い方も、
ぼんち様のものです☆)

…ぼんち様、勝手にリンクして、
気分を害されたら申し訳ございません…m(_ _)m


なので、糸を留める最後の縫い目だけでも、
逆向きに糸をかけると、良いのかもしれない(o^―^o)


この縫い方は、
フェルト1枚のときに何度か使用しているけど、
今のところ娘の使用にも耐えられている様子☆


フェルト2枚の縫い合わせには、
強度が不明なので、使っていません^^;


本格的な刺繍手芸も、玉留め・玉結びはしないで、
縫い目に隠すのが基本のようなので、
似た感じかと…勝手に想像しています(`・∀・´)


あくまで自己流なので、
ご参考までに…な、記事でした♪♪


応援してくださる方♪


↓この応援バナーを、
クリックして頂けると嬉しいです^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
にほんブログ村


手芸・ハンドクラフトランキングへ


プロフィール

ウノカナ

メッセージ

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 糸の設計。
  • 糸の設計。
  • 色の糸が交差する、モチーフ。
  • 色の糸が交差する、モチーフ。
  • 色の糸が交差する、モチーフ。
  • 『え、お椀作っているのかと思った。』
  • 『え、お椀作っているのかと思った。』
  • 『え、お椀作っているのかと思った。』
  • 重なるジョセフィン・ノット
記事検索
楽天市場
Amazonライブリンク